奈良宗久

奈良宗久

奈良宗久一般財団法人 裏千家今日庵業躰 (正教授方)

1969年金沢に生まれる。玉川大学芸術科在学時から父である十代大樋陶冶斎に師事し美術、工芸作家活動を続け日展、日本現代工芸美術展(初入選時最年少入選)にて出品を重ねる。(館蔵品としては裏千家今日庵、草月美術館、ベルリン国立アジア美術館)。

大学卒業後、裏千家千玄室大宗匠、千宗室御家元、草月流勅使河原宏前家元に感銘を受けて裏千家学園茶道専門学校を経て、茶道裏千家今日庵に入庵し、2002年(平成14年)茶名 「宗久」を鵬雲斎千玄室大宗匠(当時は千宗室御家元)より賜る。

2013年(平成25年)には坐忘斎御家元より教授方を、2017(平成29年)には正教授方を拝命し、現在は業躰(宗家の内弟子で直下の指導者として仕える職)としても国内外と茶道普及、ならびに国際親善行事にも出向き、また金沢では茶道教場 好古庵を主宰し後進の稽古にも努めている。

金沢市文化活動賞、石川県文化奨励賞、北國芸術賞など受賞。

現在は一般財団法人 裏千家今日庵業躰 (正教授方)。

京都芸術大学美術工芸学科客員教授歴任(〜2021年)。

金沢美術工芸大学非常勤講師。

裏千家茶道専門学校客員講師。

石川県茶道協会参与。

日本現代工芸美術家協会本会員。

石川県陶芸協会会員。

石川県観光特使。

テレビではNHK放送局 茶の湯裏千家「和の極意」「趣味どきっ 茶の湯を楽しむ」。DVDでは「茶の湯」(中島貞夫監督)。辻口博啓が語る「加賀の茶道」(石川書府)。映画では「古都」(松雪泰子主演)、「静寂を求めて」(パトリックシェン監督)。舞台では洋邦コラボレーションコンサート(指揮 監督 井上道義、アンサンブルオーケストラ金沢、能舞 宝生流シテ方 渡邊荀之助、茶道点前 奈良宗久)。

「大拙と茶の世界」茶会、著書「日本文化と禅」より(金沢市鈴木大拙館思索の間に於いて)。

イタリアミラノにて金沢市として茶道文化紹介。

高山右近奉茶式ならびに茶会「右近に点ずる」。

最近ではドイツベルリン フンボルトフォーラム 国立アジア美術館 茶室の総合監修。

茶道指導、監修など活動は多岐にわたる。

1990年

日展。現代工芸美術展 初入選

2015年

一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION(中田英寿氏主催)GUCCIと共にチャリティー・ガラにおいて中田英寿氏と共に茶会を催す。(鈴木大拙館)

2018年

JAPAN TENT(総裁 石川県知事)日本で学ぶ留学生の国際交流の場にて「茶道の心とかたち」特別講演、並びにデモンストレーション、茶会を催す。

11月 洋邦コラボレーションコンサート(指揮 監督 井上道義、アンサンブルオーケストラ金沢、能舞 宝生流シテ方 渡邊荀之助、茶道点前 奈良宗久)。

ドイツベルリンフンボルトフォーラム国立アジア美術館茶室デザインコンペ最優秀賞受賞(茶室監修)

2019年

2月 「大拙と茶の世界」茶会。著書「日本文化と禅」より、金沢市鈴木大拙館思索の間に於いて。

8月 イタリアミラノにて金沢市として茶道文化紹介。

2020年

「動画で学ぶ はじてのお茶」YouTube(石川県庁)

2021年

1月 読売交響楽団、能舞、茶道共演 オーケストラ指揮=井上道義 ヴァイオリン=三浦文彰、長原幸太 能舞=梅若紀彰

6月 国立工芸館「茶の湯と工芸」展 対談 唐澤昌宏国立工芸館長

8月 GUCCI100周年茶会 京都

10月 北陸工芸サミットin石川「茶の湯と工芸」展 企画監修

10月 鈴木大拙館10周年記念 基調講演 千玄室大宗匠。記念茶会「和らぎの茶会」

日本現代工芸美術展出品 白釉「芽生え」
第四十三(43)回 日本現代工芸美術展出品 白釉「芽生え」